中村軒(京都市・桂離宮そば)のかき氷

京都・中村軒のかき氷(いちご)
期間限定のいちご EOS5D MarkII EF50mm F1.4

京都の美味しそうなかき氷を片っ端から巡ります。
第一回は京都市・桂にある中村軒(なかむらけん)です。
有名店ですので午前中でも混雑しています。
この日はGW前の日曜日でしたがすでにやや混雑していました。シーズン中は行列必至ですので早めに行くことをおすすめします。

今回頂いたのは期間限定(5-6月頃)のいちごです。
もちろん、ちゃんといちごを使用した蜜がかかっています。ここの和菓子にも共通しているのですが、甘さはほどほどでしつこくないのが特徴です。このかき氷もいちごジャムほどくどい甘さはなく、それでいてしっかり蜜がかかっているのでどこでも美味しく食べられます。
この日はそこまで暑くなかっので最後はちょっと体が冷えてしまいました。残念。

定番の宇治金時
定番の宇治金時 EOS5D MarkII EF50mm F1.4

そして定番の宇治金時です。
粒あんは控えめな甘さで小豆のいい香りが引き立ちます。白玉は冷えるとかたくなるので早めに食べるのが吉。

それにしてもEF50mm F1.4だと(最短撮影距離的に)厳しいかと思いましたが、ぎりぎりこなしてくれました。
EF24-70 F4L ISは万能だけと明るいEF35mm F2ISがほしくなるなぁ。

中村軒(なかむらけん)
http://www.nakamuraken.co.jp/
京都市西京区桂浅原町61
営業時間 7:30~18:00 / 茶店 9:30~18:00 (ラストオーダー17:45)
定休日:毎週水曜(祝日は営業)

ミスドの限定ドーナツ

image

スマホアプリからの投稿テスト

大阪にあるミスタードーナツ小野原店にある他では見かけないドーナツです

クラシックアーモンドチョコレート?とかいうなまえだったはず。

この店舗はパスタがあったり、アイスがあったり、他では見かけないドーナツがいっぱいあるなど実験的な店舗のようです。

Windows10mobile搭載 2万円のスマートフォンDG-W10Mレビュー3 操作レビュー編

その1 基本スペック・開封編
その2 カメラ・音質編

今回は操作レビュー編です。
結論から言うと、Xperia Z3Compactと比較してしまうとZ3Compactのキビキビ感が目立ちますが、単体で使う分には遅いとは感じさせない操作感です。
ただ、Edge(インターネットブラウザ)に関してはちょっと読み込みが遅いかな?という感じはします。あとリンクをタップしたときに、タップした箇所に色がつかないのでタップできたかどうかが直感的にわかりにくい(画面下部の読み込みステータスを見ないといけないが、気づきにくい)という点はあります。ただ、ページのスクロールなどはスルスルできるので不快感はないです。今時のローエンド端末もなかなか侮れないのと、Windows10mobileの素性の良さが光ります。

■基本操作

■DG-W10MとXperia Z3Compactの動作比較

Windows10mobile搭載 2万円のスマートフォンDG-W10Mレビュー2 カメラ・音質編

前回に続いてWindows 10 mobile搭載のスマートフォン、DG-W10Mのレビューです。
今回はカメラと音楽再生の音質について紹介します。

WP_20151230_12_14_34_ProDG-W10Mで撮影した写真1

DSC_1469Xperia Z3 Compactで撮影した写真1

DG-W10MとXperia Z3 Compactを比較するとZ3 Compactの方がやや広角です。
等倍でみると、Z3 Compactの方が解像感やノイズで優れていますが、晴天の屋外では、そこまで違いはなく、十分な性能があるといえます。

WP_20151228_21_03_57_ProDG-W10Mで撮影した写真2

DSC_1467XperiaZ3 Compactで撮影した写真2

夜間に撮影した写真で比較すると圧倒的にXperia Z3Compactがきれいです、ノイズの少なさ、解像感、明るさ段違いです。Xperia Z3Compactは手ぶれが抑えられていてすばらしい性能です。

WP_20160111_00_29_49_Pro
DG-W10Mで撮影した写真3(オートホワイトバランス)

WP_20160111_00_37_37_Pro
DG-W10Mで撮影した写真3(ホワイトバランスを調整)

DSC_1517_Xperia Z3Compactで撮影した写真3(オートホワイトバランス)

電球照明での撮影。こちらはどちらもオートホワイトバランスでは色合いがいまいちです。比較するとXperia Z3Compactの方がきれいです。
DG-W10Mでも手動で調整すればきれいな色合いになります。

wp_ss_20160111_0001
DG-W10Mのカメラ画面。露出補正など細かい調整が可能です。

総合すると、暗い場面や特殊な照明下では若干使いづらい面がありますが、晴天下では必要十分な性能を持ったカメラだといえます。Windows10 mobileのカメラインターフェースは優れているので是非、センサーや画像処理部を改良してほしいです。
ただ販売価格2万円というのを考えると現時点でも十分だと思います。

そして、音質ですが、本体のスピーカーは裏面にモノラルのスピーカーがありますが、裏面なので机や布団などにおいていると全然聞こえません。モノラルなので音質的にもいまいちですのであまり語る要素がありません。

打って変わるのはヘッドホン端子の出力です。安かろう悪かろうと思っていたのですが、Sure SE535をさしてみてびっくり。音量はしっかり出ているし、変なゆがみもなく素直な音です。ホワイトノイズも感じず、富士通のF-01Fなんかよりいい音です。(F-01Fはホワイトバランスがひどかったです)惜しいのは曲送りをしたときに「ピッ」というデジタルノイズが混じることです。

総合すると、ところどろこ割り切りが必要ですが、いまどき2万円のスマートフォンでも十分な性能を持っているといえます。特にサブ機や性能にこだわらない人にはお勧めできます。
価格を考えれば中古iPhoneもいいですが、DualSIMスロットやmicroSDカードが入る、Officeが使えるなど利点もあります。誰にでもお勧めできるわけではないですが、今後Windows10moileを使った中級機・高級機も期待したいです。

Windows10mobile搭載 2万円のスマートフォンDG-W10Mレビュー1

ドスパラより発売されているWindows10 mobile搭載のスマートフォンDG-W10Mを入手しましたのでご紹介したいと思います。

Windows10mobile搭載のスマートフォン DG-W10M

主な特徴は
・マイクロソフトの Windows 10 mobileを搭載
・販売価格19,980円のローエンド端末
・デュアルSIM搭載のSIMフリー端末(docomoのMVNOが使用可能)
の3点だと思います。
続きを読む Windows10mobile搭載 2万円のスマートフォンDG-W10Mレビュー1

雑誌付録のSIMがすごい!毎月500MBまでずっと無料!

デジモノステーションの2016年2月号(12月25日発売)ちょっとした話題になっているのだが、それは以下のツイートに集約されています。

digimono_station

これまでも雑誌の付録にSIMカードがつくことはありましたが、せいぜい初期手費用と2ヶ月分程度の料金が安くなるだけで、元から契約しようとしていた人以外にはあまりメリットがありませんでした。
しかし、今回のSIMはひと味違います。

SIMはso-net(DoCoMoのMVNO)のものですが、
なんと、月500MBまでなんと無料(ユニバーサルサービスの負担金の2円もso-netが負担)、しかも期限がなくずっとです。
500MBから2GBまでは100MBあたり100円かかります。2GBから5GBまでは定額で1600円です。
なので、月に1GBから3GB使う人はIIjmioなどの月980円で3GB使えるSIMの方が得です。
それにIIJmioは高速通信分の容量を使うかどうか切り替えができるのもメリットです。
ただ上限の5GB 1600円というのはOCNモバイルONEの5GBプラン(税込み1566円)と比較して特に割高というわけではありません。

つまり今回のSIM(0SIM by So-net)は
・毎月ほとんど使わない回線(サブ回線など)
・2-3ヶ月に1回、そこそこ通信を行う回線(旅行などでテザリングをするなど)
には相当メリットがあります。
逆に毎月コンスタントに2-3GB通信をするようならこのSIMは使わないほうがいいです。

注意点としては
・3ヶ月利用しないと解約になる
・解約時にはSIMを返却しないと3000円かかる
の2点が注意点です。

デジモノステーション2016年2月号は話題を呼んで品薄なのでAmazonや書店では売り切れているようですが、コンビニならまだ在庫があるところもあるようです。

いずれにしても、使い方にもよりますが毎月無料(しかもそこまでデメリットがない)SIMが登場したことはすばらしいことだと思います。

スマホやルータだけではなく、ラズベリーパイなどと組み合わせておもしろい使い方ができるかもしれません。
個人的にはサブ用のWindowsスマホで運用してみようかと思ってます。

是非雑誌の付録ではなく通常のプランとしても登場してほしいものです。
低価格でモバイル回線が広く薄く利用できるようになると、いよいよIoTの時代到来という気がしてスマホ登場以来のビッグウェーブになる気がしています。

■格安SIMについてはよく相談されるのでこちらにわかりやすくまとめてみました。よかったら参考にしてください。
格安SIMって?携帯電話・スマホの月額料金を安くする方法

BOSE QuietComfort3(QC3) イヤーパッド交換

9年ほど使ってるBOSE QuietComfort3ですが、
一度新品交換してもやはり7年もたつと相当ボロボロになってしまいます。
QC3-02

BOSEのサポートセンターに出せば13000円程度で新品交換してくれるようですが、今からだと年明けになってしまいます。
会社の座席変更でなぜかブレードサーバー(参考:ものすごくうるさい)の目の間になってしまって、すぐに使いたい状況なのでちょっと困ります。
それに1万円以上出すならBluetooth対応のソニー MDR-ZX770BXも気になります。


イヤーパッドだけだと5000円程度で取り寄せできるようですが、部品にしては少々お高い。

そこで今回はAmazonで非純正の互換品を取り寄せてつけてみました。


Amazonのレビューでは付け心地や音質などで純正とは異なるという評価をしている方もいらっしゃいますが、今回はブレードサーバーの騒音を何とかできればいいので互換品でいいという判断をしました。


今回購入にしたのはこちらです。1980円とまあまあの値段ですが、それでも純正の半額以下です。

QC3-01
それではボロボロになったイヤーパッドを交換していきます。

QC3-06
この薄い板の部分までが本体ですのでこれの外側をはがします。下側を押さえながら上側をはがします。

QC3-04
やりにくい場合は先にカバー部分をつまんではがしていってもいいです。劣化しているとかなりベタベタしているので注意してください。

QC3-07
この部品もはがします。

QC3-05
すべての部品を外した後です。
イヤーパッドのカスなどがある場合慎重に取り除いてください。

QC3-08
新しいイヤーパッドを取り付けます。2つの穴に位置を合わせて、爪がはまるように押し込んでいきます。割と強く押さないとはまらないのでしっかりとはめます。

QC3-09
きちんとはまれば隙間なくぴったりになるはずです。

互換品の感想ですが、違和感ないです。純正に比べれば若干かたい気もしますが、いままでのスポンジが劣化して柔らかくなっていただけかもしれません。音質も個人的には変わりないように思えます。ただ普段はShure SE535を使用しているので、厳密な意味で比較ができているわけではありませんが、QC3特有の低域の厚みとウォーム感はしっかりあります。個人的には中高域のクリア感・解像度がもっとほしいですが、XperiaZ3 CompactにSE535を直差ししていたときに不満に感じていた低域の薄さや、押し出し感の弱さは補えるのでQC3をもっと活用しようとは思いました。

そんなわけで、今回のBOSE QC3イヤーパッド 互換品感想ですが、満足いく結果でした。
ご参考になれば幸いです。

年末年始オススメの洗剤・掃除用品

こまめに掃除するタイプではないですが、いったん気になり出すととことん掃除したりするタイプの筆者ですが、
例によって道具をそろえるタチなので、使ってみてオススメの洗剤、掃除用品をピックアップします。

年末年始、少しでもお役に立てば幸いです。

一番オススメなのはこれ。

「洗剤能力 PRO」
ホームセンターなどで700円程度売っているます。

キッチンの換気扇の油汚れや、フローリングについたおもちゃの塗料(これは普通の洗剤では落ちません)、ガラステーブルの謎の落ちない汚れ、洗面所やリビングのしつこいガラス汚れ、トイレの謎の赤いラインなど家中ほぼすべての汚れがこれ1本で撃退できます。
とにかく1本常備しておくのがオススメ。
結構アルカリが強いので使用後は必ず手を洗うか、ゴム手袋等をしてください。 続きを読む 年末年始オススメの洗剤・掃除用品

らーめん鱗のたまり醤油ラーメン

本日ご紹介するのは大阪府茨木市 阪急茨木市駅から徒歩3分くらいのところにあるらーめん鱗です。

DSC_0905

お隣高槻市にある人気店「あす流」の系列店のようですが、この鱗ブランドも最近各地に出店しているようでこちらも負けずの人気店です。昼時だと行列しているので時間には注意してください。

ここは鶏から作った鰹節のような鶏節をつかった塩ラーメンが人気ですが、個人的にはこのたまり醤油をつかった醤油ラーメンが癖になるうまさです。

続きを読む らーめん鱗のたまり醤油ラーメン