雑誌付録のSIMがすごい!毎月500MBまでずっと無料!



デジモノステーションの2016年2月号(12月25日発売)ちょっとした話題になっているのだが、それは以下のツイートに集約されています。

digimono_station

これまでも雑誌の付録にSIMカードがつくことはありましたが、せいぜい初期手費用と2ヶ月分程度の料金が安くなるだけで、元から契約しようとしていた人以外にはあまりメリットがありませんでした。
しかし、今回のSIMはひと味違います。

SIMはso-net(DoCoMoのMVNO)のものですが、
なんと、月500MBまでなんと無料(ユニバーサルサービスの負担金の2円もso-netが負担)、しかも期限がなくずっとです。
500MBから2GBまでは100MBあたり100円かかります。2GBから5GBまでは定額で1600円です。
なので、月に1GBから3GB使う人はIIjmioなどの月980円で3GB使えるSIMの方が得です。
それにIIJmioは高速通信分の容量を使うかどうか切り替えができるのもメリットです。
ただ上限の5GB 1600円というのはOCNモバイルONEの5GBプラン(税込み1566円)と比較して特に割高というわけではありません。

つまり今回のSIM(0SIM by So-net)は
・毎月ほとんど使わない回線(サブ回線など)
・2-3ヶ月に1回、そこそこ通信を行う回線(旅行などでテザリングをするなど)
には相当メリットがあります。
逆に毎月コンスタントに2-3GB通信をするようならこのSIMは使わないほうがいいです。

注意点としては
・3ヶ月利用しないと解約になる
・解約時にはSIMを返却しないと3000円かかる
の2点が注意点です。

デジモノステーション2016年2月号は話題を呼んで品薄なのでAmazonや書店では売り切れているようですが、コンビニならまだ在庫があるところもあるようです。

いずれにしても、使い方にもよりますが毎月無料(しかもそこまでデメリットがない)SIMが登場したことはすばらしいことだと思います。

スマホやルータだけではなく、ラズベリーパイなどと組み合わせておもしろい使い方ができるかもしれません。
個人的にはサブ用のWindowsスマホで運用してみようかと思ってます。

是非雑誌の付録ではなく通常のプランとしても登場してほしいものです。
低価格でモバイル回線が広く薄く利用できるようになると、いよいよIoTの時代到来という気がしてスマホ登場以来のビッグウェーブになる気がしています。

■格安SIMについてはよく相談されるのでこちらにわかりやすくまとめてみました。よかったら参考にしてください。
格安SIMって?携帯電話・スマホの月額料金を安くする方法

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です