SONY α6500 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art with LA-EA3



SONY α6500 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art with LA-EA3

SONY α6500 SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art with LA-EA3 / 1/60 F8 ISO3200

引き続きSONYのAPS-Cフラグシップミラーレス α6500です。(初回はこちら

何回か持ち出して800枚ほど撮った感想のアップデートですが、

  • シャッター音は軽い。撮った手応えがあまりない。よく言えば静か。α7のパキューンといった安っぽい感じはあまりないので個人的にはこちらの方が良い。
  • 色合いは自然。Canonのこってりした感じがちょっと恋しい。
  • ボディ価格を考えるともう少し高級感がほしい。ダイヤル2つほしい。
  • 絞りを調整するダイヤル方向が変更できるとうれしい。なぜか逆に回してしまう。
  • EVFはめっちゃ綺麗。一瞬OVFと勘違いするときもあるくらい。店頭でX-T2を試したときはタイムラグが気になったがいざ使ってみるとほとんどの場合で気にならない。
  • メカシャッターで1/8000と電子シャッターで1/32000位はほしい。APS-Cでもフラッグシップなのだから。

そしてSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Artの初戦デビュー。
このレンズがあるからAPS-Cでもいいやと思わせたレンズなのですが、ソニーマウントと書いてあるからよく考えずに買ったらAマウントなんですね、これ。

大失敗

EFマウントで買い直そうかと思いましたが、とりあえずソニーの純正A-EマウントアダプタLA-EA3を使ってみました。
とりあえずの感想ですが

  • 写真撮影にはちゃんと使える。
  • AF-Cは無理。AF-Sで連写Lo(3枚/秒)で撮るくらいなら問題ない。
  • AFロックオンが使えないのはちょっと困る。
  • MFでもいいや。と思える。フォーカスリングが回しやすい。
  • DMFが使えないのは結構困る。
  • 動画でAFが全く合わない。
  • 画質はよい。ボケの柔らかさは単焦点が勝るがズームとは思えないレベル。
  • 撮影している感覚はズームより単焦点を使っている感じ。
  • トータルの重さが5DMarkII+EF24-70F4LISより軽いので重さは気にならない。
  • 手ぶれ補正もよく効くので、室内にはうってつけ。動画でもちゃんと補正されていてすばらしい。

した二つが結構困りますが、写真撮る分にはそれほど困らない感じです。

新しく買うなら絶対にEFマウントとMC-11ですが、Aマウントの方が中古価格が安かったりマウントアダプタも安かったり(1万ちょいで買えます)するので、わかってて買うならありです。私も当面このまま使います。
α99IIの技術を使ったLA-EA5とか出ると SAL70400G2とか買っちゃうのですが。ソニーさんどうでしょう?

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です