[鹿児島・指宿] 砂蒸し風呂で海岸に埋まってきました。


Pocket

指宿枕崎線 鹿児島中央駅

指宿枕崎線 鹿児島中央駅

鹿児島中央駅から指宿枕崎線で指宿へ出発です。

目的は名物砂蒸し風呂です。

指宿枕崎線の車窓から

山側(進行方向右側)は、線路のすぐそばまで草木や岩肌が迫ってるところが多いので、そんなに車窓からの見栄えはしません。

指宿枕崎線の車窓から

こちらは海側です。

海岸沿いを進んでいきます。

指宿枕崎線 指宿駅

指宿駅に到着です。

各駅停車で鹿児島中央駅から1時間20分くらいです。運賃は970円。

(いまどき)オレンジカードがいっぱいあるのでこの機会にじゃんじゃん消化していきます。

指宿の砂蒸し風呂

これが指宿の海岸にある砂蒸し風呂です。

生憎天候が悪かったので、波打ち際での砂蒸し体験とは行かなかったです。

砂浜を掘ると80度の温泉が湧いてくるらしいです。裸足で歩くと火傷します。

いざ、砂蒸し体験。

浴衣を借りて、言われるままに砂の上に仰向けで寝ます。

すると、おばちゃんたちがせっせと砂をかぶせてくれます。

ですが、かぶされている方としては「埋められてる」感じがします。

死体なら死体遺棄ですね。生ゴミなら堆肥ですね。糸井重里といえば埋蔵金ですね。

なんかそんなことをされている感じです。

自分が埋められている状況に思わず笑ってしまいました。

埋まってみると、熱いです。特にかかとと尻がやけそうです。モゾモゾ動いて微調整が必要です。

気をつけないと火傷します。かかとだけは終始火傷するんじゃないかってくらい熱かったです。

サウナと違ってあまり苦しくないので20分くらいは埋まってられjます(10分が目安らしいですが)。

特に息が苦しくならないです。海風がキモチイイです。

あがった後は、温泉で砂と汗を流します。

不思議なことにサウナをあがった後と比べてそれほど体の渇きを感じませんでした。

ヤミツキになりそうな砂蒸し風呂でした。

ちなみに、指宿駅前の足湯がやけくそに熱くて足を入れることができませんでした。

ゆでたまご作るためだけにおいてんのか?

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です