カシオ EX-ZR700買いました!



カシオEX-ZR700

4年ぶりにデジカメを買いました。

カシオのハイスピードデジカメEX-ZR700(2013年3月発売)です。

某カメラ店のアウトレットコーナーでゲキヤス価格(11,100円)で買いました。

前々から一眼レフのお供にコンパクトがほしいと思いつつも、

ビデオカメラを買ったりとかスマホでしのいだりとか古いソニーのデジカメでがんばったりもしたけど、

やはりちょっと辛い。暗いところとかAF速度とか。

最初は一眼のお供ということでCanonのPowershotS110のような1/1.7インチセンサークラスの型落ちハイエンド機を狙っていたけど、どうにも買い時を逃したようでいいものが出てこなかったり思ったより高くて手を出さずにいたのですが、

このEX-ZR700を見つけてピンときたわけです。

1/1.7にこだわらなくてもいいじゃないかと。

レンズが明るくなくてもいいじゃないかと。

それよりちょろちょろ動き回る子供をしっかりとれることの方が大事じゃないかと。

迷ったのは同じくアウトレットコーナーで1000円差で売られていた富士フイルムのFinePix F900EXR。

こちらも2013年3月発売の機種です。

F900EXRの方が、

・ちょっとセンサーが大きい(1/2インチ)

・位相差センサーでAFが速い

・画像処理に定評のある富士

・望遠端が少し長い

・WiFi内蔵

というアドバンテージがあり、

EX-ZR700の方が

・毎秒30枚の連射機能やパスト連射、パスト動画撮影などの機能

・全体的なレスポンスの速さ

・電池寿命が長い(省電力設計)

というアドバンテージがあります。

AFについては比べてみるとF900EXRの方がはっきりわかるくらい速いです。が、ZR700が遅いわけでないです。

WiFi内蔵はかなり魅力的です。

撮った写真をすぐにスマホからLINE・FBで共有できるのはかなり魅力的です。

かなりF900EXRに気持ちが傾いていたんですが、

F900EXRで気になったのは撮影後の処理時間。

展示品(後継機のF1000EXR)の内蔵カードが遅いのかもしれませんが、撮影後に表示される処理画面・プレビューで待たされる感じが気になりました。

その点カシオは凄いです。

プレビューをワイプ表示させるなどの工夫があり、次々に撮影していける感じです。

(プレビュー自体は少し後に表示されるので書き込み等にかかっている時間はF900EXRと大差ないと思います)

あまりにもレスポンスが速いので撮れていないかと思って二度撮影してたり、

画像を削除するときにも、同じような写真が続くと削除したのがわからずに続けて削除してしまいます。

(UI的には欠点のような気もしますが、それくらいレスポンスが速いです。特に操作音を無効にしているのも誤操作の原因だと思います)

この点と、電池寿命、パスト撮影(シャッターを押す前の画像から記録する機能)などの子どもを撮るのに適した機能がある点を考慮してEX-ZR700にしました。

WiFiについては諦めきれなかったのでPQIのAirCard(microSDHCを無線SDカード化するアダプタでLinuxが内部で動いていて、わかる人には相当遊べるカード)

子どもがいなかったらF900にしていたと思います



ちなみに当サイトが固執しているハイスピード動画撮影ですが、240fpsでは512×384のEX-ZR700と320×240のF900EXRでEX-ZR700が上回っていますが、

480fpsでは、224×160と320×112でF900EXRの方が記録画素数では上になります。

しかし、EX-ZR700には224×64の1000fpsってのがあります。

結構大事なポイントはEX-ZR700には30-120fpsと30-240fpsの切り替え撮影があります。

実用ではこういうのが役立ったりします。

富士とカシオでどちらもデジカメ黎明期を支えてきたメーカーなのにどちらもまだ使ったことなくて、

このタイミングでカシオというのが「やっと巡り会えた」感じがしますね。

前年機種でどこまで需要あるかわかりませんが、いろいろ使ってレビューしたいと思います。

カシオのデジカメ、気になっているけどなかなか手を出していないという方、結構多いと思います。

あと、カシオの1/1.7センサー搭載のEX-10をさわってみましたが、想像していたのより2周りくらい大きかったです・・・

PowershotS120みたいなのと勝手に思っていましたが、シグマのDp1みたいだったです。

カシオっぽくないなぁと思いました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です